スムーズに決まる!「ヌリカエ」で外壁塗装業者選び

https://lp.nuri-kae.jp/

 

我が家が外壁塗装を決めた理由

 

 

住んで10年になる一戸建ての我が家。意識しないと気が付きませんが、よくみてみると外壁や屋根が劣化してきており、外壁塗装の必要性をひしひしと感じる状態です。

 

我が家の場合、素人でも一番よくわかるのがヒビです。玄関上と出窓の出っ張っている2か所にヒビが入っており、さらにサイディングを繋げる白いゴムみたいなものにもヒビが入り始めていました。他にも、壁の撥水が引っ越してきた時とは比べ物にならないくらいに悪くなっているのがわかりました。以前は水玉としてはじいていたのに、今はしみ込んでいるようです。まるで、人の肌の劣化と同じよう…。

 

近年、日差しが強くなってきていること、塗装もだいぶ変わってきているといったことで、劣化の進行スピードはメーカーもなかなか予測できないものとなってきています。だからこそ、最初の10年目の塗装は必須なのかもしれません。

 

とはいえ、自分でネットを検索して外壁塗装業者を探すのはひどく手間がかかります。でも、最近は便利なもので、こちらの要望に合わせた外壁塗装業者を探してくれる便利なサイトがあります。例えるなら保険の窓口と一緒。数ある一括検索サイトの中でも、今回は「ヌリカエ」さんにお願いすることにしました。

 

 

ヌリカエとは?

 

 

「ヌリカエ」は、1万件以上の外装リフォーム会社との付き合いがある会社です。申し込みをすると、電話で外装についてはもちろん金額やピックアップする業者の種類、そして紹介数など、具体的な話をしてくれます。外壁塗装はそう何回もするものではないですから、知識もあまりありません。わからないことにも教えてもらえるので、相談窓口としては最適です。また、あくまでも中立的な立場で教えてくれるので安心。

 

また、紹介してもらったからといってお金が手数料みたいなものを請求されることもありません。これは業者さんから聞いた裏話なのですが、「ヌリカエ」さんが紹介し、そこで契約が決まった場合、その紹介料は契約した塗装業者が払うのだそうです。まぁ、考えてみればそうかもしれません。「ヌリカエ」さんからしてみれば、どこと契約しても利益はあるので、だからこそ中立的な立場を貫けるのですね。お客さんの希望に沿った業者を見つけ出す方がお得です。

 

ちなみに、「ヌリカエ」さんに登録されている業者は、厳しい審査基準をパスしたところだけです。悪質な業者は登録されておらず、しつこい営業に関しても、電話一本で「ヌリカエ」さんが断りの電話を入れてくれるそうです。まさに、かゆいところには手が届くといったサービスですね。

 

https://lp.nuri-kae.jp/

 

紹介されたのは4社

 

 

ヌリカエさんから紹介されたのは4社。どこも特徴ある会社です。ヌリカエさんには、「大手は不要」と伝えてありました。

 

その理由は、中間マージンをごっそりととらえれるからです。そんな無駄なお金を払う筋合いはなく…だったら、直でお願いした方がいいというもの。そうした中間マージンが発生しないで済むところをお願いしたのでした。

 

その結果、提案されたのは4社。

 

A社…外壁&屋根塗装107万+ベランダ4万5千
B社…外壁&屋根塗装89万〜99万(ベランダ込み)
C社…外壁&屋根塗装108万〜146万+ベランダ4万5千〜11万
D社…外壁&屋根塗装98万〜130万(ベランダ込み)

 

…という内容でした。3パターンくらい持ってきてくださるので間がありますが、大体100万〜130万といったところでした。ちなみに、お隣さんも家を建てた大手メーカーと知り合いのところに見積もりを出してもらったところ、どちらも安くても140万となかなかの設定でした。

 

 

お隣さんも巻き込んで

 

 

実は、外壁塗装をやるきっかけになったのは、お隣さんとの会話からでした。シロアリについて話をしていたのですが、いつしか壁のひび割れについて話が…。お隣さんも玄関上部にヒビが入っており、「10年でヒビがはいるなんてね〜。どうしようかしらね〜」と…。これにびっくりして、我が家も見てみると…あら?あるではないですか!?と気が付いた次第なのです。

 

そこから話は外壁塗装にチェンジ。ヒビをみたからには、やっぱりそれなりの不安が出てきます。そこで、以前から耳にしていた「ヌリカエ」さんの名前が頭にパッと浮かび、とりあえず我が家が見積もりを出してみるということになりました。

 

この時点では、見積もりが出たらその様子を教えてあげるといった程度だったのですが、数日後に「一緒にやったら安くなるかな?」とお隣さんが提案。急きょ、一緒にやった場合はどれくらいまけてくれるかといった比較項目も追加されたのです。

 

この提案に、4社それぞれの反応を見せてくれました。皆さん、口をそろえて「それなら、まけさせてもらいます!」と嬉しそうに言うのですが、きちんと数字で教えてくれないのが2社、ちょっとしかまけてくれないのが1社、そして大幅にまけてくれたのが1社でした。まけてくれるのは嬉しいのですが、それで塗料の質などが落ちてしまっては意味がなく…そこは慎重に選びました。その結果、もともと好印象だった塗装専門業者に決定。専門業者ということで、どこの会社よりも使う塗料について詳しく記載していたからでした。なっとくできる内容と金額だったからです。

 

ちなみに、お隣さんも独自に見積もりを取っており…一つは家を建てた大手建築会社、もう一つは知り合いの建築会社でした。どちらも金額が高いうえに、どんな塗料を使うのが明記しておらず…もうその時点で選択はありませんでした。お隣さんも、それは分かったようです。そうして、無事に施工会社が決まったのでした。

 

 

見積書の内容とは?

 

 

 

見積書には、下記のような内容が細かく書かれていました。以下は、実際に契約した会社が出した見積項目です。

 

・足場
・養生
・高圧バイオクリーナー洗浄及びケレン
・シャッターボックス、水切り、ガスパイプ、換気口、アクセント(帯板)、軒天(車庫)、雨樋
・FRPトップコート
・シーリング増し打ち
・屋根塗装4工程(タスペーサーW工法、板金部錆止め、下塗り2回、中塗り、上塗り)
・外壁塗装 サイディング(下塗り、シール部、中塗り、上塗り)&ジョリパット(下塗り、中塗り、上塗り)
・廃材処理費用&運搬費

 

大雑把に上げると、このような内容。ちなみに、電気代と水道代の使用料として5千円引かれていました。もちろん、細かい端数も引かれてきれいな数字に…。また、屋根と外壁は10年間、他は1年の保証付き。定期点検が5年あるとの事でした。

 

4社プラスお隣さんの2社のなかでは、一番細かく項目・料金が書かれており、塗料も何を使うのかしっかりと記載されていました。記載していない会社があるなか、これはなかなか信用度が高いといえるもの。なにせ、インターネットで調べられますからね。それだけ自信があるということなのでしょう。

 

 

いろんな塗料会社がある

 

 

外壁塗装を仕事にしている業者は、大きくリフォーム会社・リフォーム会社・工務店・塗装屋・塗装職人専門店とに分けられます。会社によって異なるものの、一般的にリフォーム会社・リフォーム会社・工務店などは下請けや孫請けに実際の作業はさせることが多く、その場合では中間マージンといった費用がかかるものとなります。対して、塗装屋や塗装職人専門店では自社職人がするので、中間マージンといった余計な費用は上乗せされる心配はありません。

 

また、見積もりや相談をする段階では、おおくが職人さんではなく営業さんが中心になって話をします。営業さんだけで来る場合もあれば、職人さんも一緒に来られ場合もあり。我が家では、半々といったところ。

 

ただ、営業さんだけが来た際には、都合の良いことばかり言っているような気がして…現場に詳しい職人さんも一緒に来てくださっているところの方が安心したのは確かです。実際、我が家で最終的に決まったのは、現場を仕切っている頭的な存在の人が来ていたからでした。話がしっかりとしており、疑問にもちゃんと答えてくれます。6月という梅雨時に相談したこともあり、たまたま工事が休みで来られたのかもしれませんが、我が家には大変よかったと思います。

 

 

 

断っても来る…

 

 

 

施工会社が決まって、さぁこれで一安心…と思っていたら、なんと営業さんからの手紙や訪問が…。気持ちはわかるのですが、1社しか選べないのでここはお断りするしかありません。ただ、やはり自分では言いにくいもの…。そんな時は、「ヌリカエ」さんにお願いするのがいいかもしれません。

 

「ヌリカエ」ではお断り代行サービスなるものがあり、見積もりをとった業者さんで残念ながら依頼をしなかった場合、断りの連絡や手続きを代行してやってくれるのです。どの業者さんも一生懸命に説明してくださるので、断るのもなかなか大変…言いにくい。「ヌリカエ」さんが代わりに言ってくれるのであれば、こんなにも心強いことはありません。断るのが苦手な方、強引な営業をされるか不安な方、とりあえず工事はもう少し先にやりたいと考えている方には大変助かるサービスと言えます。

 

 

https://lp.nuri-kae.jp/

更新履歴