外壁塗料とは?

外壁塗料は6つのグレードに分かれている

 

 

外壁塗料には、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・シリコン系・遮熱塗料・光触媒塗料とあり、それぞれのグレードが全く異なります。一番安いのはアクリル系なのですが、これは耐久性が低く、こまめな手入れが必要となります。一番高いのが光触媒塗料なのですが、かなり高額で認定施工店しか取り扱っていません。では、人気が高い定番クラスはどれかというと、価格と耐久性のバランスが良いシリコン系塗料です。

 

ちなみに、このシリコン系塗料は、水性1液型・溶剤1液型・溶剤2液型とに分けられます。水性1液型は、ホームセンターで販売されている水性塗料と同レベルで安いのですが、扱いやすく環境への負荷も少ないもの。大手メーカーでもこぞって使われている品です。溶剤1液型は現在の主流であり、塗装店でも一般的に使われています。そして溶剤2液型は、使用時に硬化剤を混ぜる必要があり、シリコン系の中でも耐久性・密着性では優れています。まさに、シリコン系塗料の中ではプロが使うものなのです。

 

ただ、業者がさんが勧めてくれたのはフッ素系塗料。一般的なシリコン系塗料よりもグレードが上で、合成樹脂に蛍石を原料としたフッ素樹脂を使った塗料です。汚れを弾きやすく、ついても滑り落ちやすく、酸性雨や紫外線に強いといった特徴を持っています。また、耐久性も高く15年〜20年持つと言われているほど。そのため、大型物件や橋といった場所では主流で、東京スカイツリーやレインボーブリッジ、後楽園ホール、六本木ヒルズなどにもフッ素塗料が使われているのです。こまめに塗装をすることができないので、耐久性が高いフッ素が使われているのです。

 

 

シリコン?それともフッ素?もしくは両方使う?

 

 

外壁塗装では足場も組んで大掛かりな工事になるので、屋根も一緒にやってしまうのが一般的です。屋根は外壁以上にダメージを受けている場所。雨や太陽の光を一身に受けているので、劣化が壁以上に早いのです。ですから、もしも壁と同じく屋根もシリコン塗装をしたら…圧倒的に屋根のほうが早くに劣化することになります。

 

そうしたことからも、外壁はシリコンでも、屋根はフッ素にするといった選択もあり。屋根は外壁よりも面積が小さいので、使用する量も少なくて済みますから、金額が高いフッ素とはいえ、そこまで負担にはならないのです。

 

ちなみに、フッ素にもいくつか種類があり、壁に合わせて使い分けています。
フッ素は塗膜が固いので、モルタルに塗る場合は乾燥収縮でひび割れが入らないように、弾性タイプのフッ素塗料を。サイディングの場合は、弾性タイプでは熱がこもって脹れてしまう可能性があり、シーリングに塗ってしまうとひび割れが発生する可能性が高いので、最初にフッ素を塗ってそれからシーリングを後打ちして予防します。

 

また、昔はフッ素で塗ったら、その後もフッ素でないとダメ…なんて言われていましたが、今はフッ素以外の塗料でも塗れるようになっています。ただし、チョーキングなどの劣化現象が出る前に塗る場合は注意が必要です。旧塗膜が機能している場合では、どんなにより下塗り素材を使っても付着が悪くなってしまうのです。これは、フッ素だけでなく、シリコンなどの他の塗料にも言えることです。