コーキング

サイディングボードを繋げる大事なコーキング

 

 

サイディングボードのつなぎ目にあるコーキング。目地とも呼ばれているゴム状のもの。シーリング・コーキングとも呼ばれ、マヨネーズのようなうにゃうにゃしたものを目地などに注入。時間が経つとゴム状に固まっていきます。

 

このコーキング部分は、劣化がよくわかる部分でもあります。身近なところにあり、日の当たり具合など、場所によって劣化の具合が全く異なります。ひどい部分では、ヒビが幾筋もの入っており…まさに経年劣化による症状といえます。

 

新築の場合では上から塗装をしないので、むき出し状態。ですから、紫外線がストレートにあたってしまい、劣化も激しいもの。家の北東側よりも、日のあたりが強い南西側とは劣化の進行にも差が出てくるものとなります。雨水が侵入しやすくなってしまいますから、塗装前にはシールの打ち直しの交換工事が必要。職人さんの間では、「打ち替え」とも呼ばれています。打ち直しをしないで塗装をすることも可能ですが、せっかく足場を組んでやるのですから、ここも一緒にやってしまった方が後々楽です。

 

劣化の具合としては、コーキングが劣化でひび割れてしまったり、サイディングの断面から剥離してしまったり、肉やせなどがみられるようになります。肉やせは、シールが劣化するのと同時にやせ細ってきてしまう症状。これは新築時の施工時点で、シールのボリュームが不足していたとも考えられます。また、剥離は、サイディングボードの断面からはがれてしまってきている状態で、原因としては紫外線だけでなく新築施工時のシール注入前におこなわれる、プライマー(接着剤)が不足していたことも考えられます。

 

 

コーキングに使われる素材の種類

 

 

コーキングに使われるシーリング材には、ウレタンと変性シリコンとあります。品質的に高いのは変性シリコンですが、その値段も少々高いものとなります。シールがむき出しになっていても紫外線による劣化が少ないといったメリットがあります。対してウレタンは、塗装との密着度が高いといった利点があります。なので、塗装を侵食して汚してしまう成分がはいっていないのであれば、どちらを使っても大丈夫です。

 

また、これらは1液タイプと2液タイプにも分かれます。1液タイプはホームセンターでも売られているもので、そのままガンにセットして注入できるタイプ。2液タイプは専用の撹拌機を使い、混ぜ合わせてから使います。

 

工事後は、固まったシールの上から塗装をするので、紫外線もブロックされて長持ち。ちなみに、たまにシールの上から塗装がされるサイディングもあり、表面にヒビが入っていることもありますが…シール自体は大丈夫なこともあるので、工事が必要かどうか確認してもらうといいですね。