クラック補修

クラックが建物に与える影響とは?

 

 

目視できる場所だけでも、玄関の屋根部分の下部と出窓の下部の2ヵ所。まだ初期状態ではあるらしいのですが、ヒビが入っていることからも雨水の侵入が心配されます。外壁の中でも厄介と言えるこのクラックは、知らず知らずのうちにできてしまうのですから、住んでいる人からしてみればとても怖い症状です。このクラックが進行してしまうと、建物に大きな影響を与えるようになります。建物の寿命を縮めることにもなりますので、決して放ってはおけない重大事項といえます。

 

このクラックができる原因というのは、建物が動くからであって、建築時の不具合とかではありません。建物の構造上、どうしても起こってしまう致し方ない部分。初期の頃のもであればそこまで問題はないのですが、これが進行してしまうと建物への影響も大きなものとなります。

 

トラブル1:雨漏り
建物内部に雨水が侵入し、雨漏りを引き起こします。サイディングやモルタルの場合は、外壁の厚みが10〜20センチほどなので、クラックから雨漏りも起こりやすいものとなります。

 

トラブル2:鉄筋へのダメージ
鉄筋コンクリート造の建物では、内部の鉄筋へダメージを与えることになります。雨水が錆を誘発し、鉄筋の効力を低下。水分の膨張と膨れを繰り返すことで破損させてしまい、使い物にならなくなります。これは、建物の寿命を縮ませてしまいます。

 

 

一般住宅でのクラック処置方法

 

 

クラックは建物に悪影響を与えますので、状態を確認して適切な処置を施しましょう。ヘアクラック程度であれば、上部の被膜や外壁素地の上辺だけのクラックにとどまっている状態であり、外壁への致命的ダメージにまではなっていません。ですから、補修の必要なまだなし。わかりやすい確認方法としては、名刺ほどの紙がクラック部分に入るようになったら補修の考え時といえるでしょう。

 

モルタルとサイディングのクラック補修方法は、コーキングを使ってとなります。まずはUカットで均等な厚みのクラックを作ることで、補修材が均等にいきわたる様にします。そしてクラック部分を乾燥させてプライマーを塗布、コーキングを充填。モルタル外壁の場合では、コーキング材に接着剤を塗布し、既存の外壁の高さに合わせた防水モルタルを塗布を塗布して平らに整えます。最後に、クラック部分を既存外壁と同じように塗布します。

 

この外壁のクラックは、誰の目にもつきやすいものなので、飛び込みの業者が目を付けるポイントにもなっています。いきなりやってきて、「あのクラックを放っておくと大変なことになる」と言ってきます。それは確かにその通りかもしれませんが、飛び込み業者が一部だけやったぐらいではダメ。技量的にも怪しいことが大半なので、きちんとした業者に全体的に見てもらうのが安心です。