引き渡し&支払い

支払方法と保証について確認

 

 

工事が終わり、足場も解体されました。お支払いの確認をするとともに、保証についても確認。屋根と外壁は10年、その他は1年。定期点検が5年間です。

 

ちなみに、外壁塗装の保証には、自社保証と団体・組合保証があります。自社保証は外壁塗装業者自体が保証するもので、定期的に外壁具合をチェックしてくれたり、補修が必要かどうかのアフターフォローなど…業者によって異なるので確認が必要です。なかには、中身が空っぽな保証を勧めてくるところもあるので注意が必要です。

 

そして、団体・組合保証では、外壁塗装業者が加盟している団体や組合の保証制度を利用できるもの。もしも外壁塗装業者が倒産してしまっても、加盟していた団体や組合から保証を受けることができます。施工内容がしっかりしているのかどうか、第三者機関がきちんとチェックしてから保証書を出すので、一定の品質は確保されているといっていいでしょう。

 

外壁塗装の保証では、どの部分を保証してくれるのか、どのような状態を保証してくれるのか、保証期間は何年かが大事です。保証の部分に関しては、壁の塗装のみと限定されていることがほとんどですが、外壁から塗料が剥がれ落ちるのはほぼありません。剥がれ落ちるのが心配なのは、木部や鉄部です。ですから、木部や鉄部に対して保証をしてくれているのは良い保証内容と言えます。

 

 

保証が効かないケースとは?

 

 

一般的に、外壁塗装の保証というのは、塗膜がはがれた場合に適用されます。ただ、業者さんによっては、それ以外の不具合にも対応していることもありますので、契約前にしっかりと確認しておきたいもの。場所によっては、コケや藻が発生した場合に保証してくれることもあります。なぜなら、コケや藻ができることで変色や色あせ、ひび割れ、雨漏り、光沢が失われる…などといった不具合が見られるからです。

 

ちなみに、ほとんどの業者で保証対象外としていることがあります。それは…

 

・天災や火災、地震などによる自然現象や不可抗力による被害。
・不適切な使用や、維持管理をしっかりとおこなわなかったことによる被害。
・増築やリフォームなど、外壁塗装工事を請け負った業者以外の業者による作業。
・施主の指示が原因になる場合、さらに建物の構造上欠陥が有った場合。

 

これらの場合は保証が効かない事がほとんどですから注意しましょう。