屋根塗装の色は?

屋根は外壁よりもレベルを高めに選ぶ

 

 

色を決めるのは、壁だけではありません。今回は屋根も一緒にやるので、屋根の色も決める必要があり。ただ、屋根は外壁よりも紫外線や雨、雹などの影響を一番に受けている場所。ですから、選ぶ塗料も外壁よりも高性能のほうが安心です。

 

受けるダメージの大きさが違うのですから、塗料のレベルが一緒では劣化に差が出てしまいます。家全体を守る部分ですから、ここは慎重に選びます。屋根塗装に使われる塗料には、シリコン塗料・セラミックシリコン塗料・フッ素塗料・遮熱塗料・断熱塗料とあります。

 

・シリコン塗料…期待耐用年数10〜13年
耐久性や耐熱性に優れており、紫外線に強く防汚・防カビ・防藻性能も期待できます。コストパフォーマンス的にも良い塗料です。

 

・セラミックシリコン塗料…期待耐用年数12〜15年
シリコンにセラミック成分をプラスしたことで、耐候性・耐久性がアップ。低汚染性・防カビ性・防藻性も高い。

 

・フッ素塗料…期待耐用年数15〜20年
価格は高いが、耐用年数が長い。耐熱性・耐寒性・低摩擦性・不燃性・防汚性など、多くの優れた機能を持つ。ヌリカエのサイクルを短くしたい人に最適で、ビルや橋梁などにも使われています。

 

・遮熱塗料…期待耐用年数15〜20年
太陽熱を反射して室内の温度を下げ、夏は涼しい空間に。シリコンよりも高いけれども、高耐久。自治体によっては施工費用の補助があります。

 

・断熱塗料…期待耐用年数15〜20年
価格は高いけど高耐久で、断熱・遮熱機能のため冬は暖かく夏は涼しい。自治体によっては施工費用の補助があります。

 

 

屋根もフッ素で長寿命に

 

 

屋根の色は、壁の色をブラウン系にしたのにあわせてカカオブラウンしました。水谷ペイントの「フッ素エポックマイルドシーラー パワーシリコンマイルド」。一緒に、家の周りの付帯部分もこの色で塗ってもらうことになりました。

 

フッ素素材なので耐久性が高く、家を長期間保護したい場合には最適です。ビルなどにも使われており、価格がちょっと高めなのでまだ一般家庭には少ないものの、今後はどんどん浸透していくことが考えられます。

 

そうした素材なので、悪徳業者が低品質なフッ素塗料を売りつけてくることもあるので注意が必要です。また、たとえ品質が高いフッ素塗料を使っていたとしても、塗料の使用方法をきちんと守って塗らないと意味がなし。フッ素塗料の実績が豊富で、できれば実際にフッ素塗料を塗ったお家で、何年かたっているお家を見せてもらえるといいですね。